スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべき無責任

今日のMBAの授業では、ブラジルがなぜいつまでたっても「新興国」から抜け出せないかという話が出た。数十年前、ブラジルと韓国の一人当たりGDPは同じ水準だったが、現在では大きく水をあけられている。一つの原因として、韓国人は勤勉で仕事に集中して取り組むのに対し、ブラジル人は無責任で怠け者という点である。例えば、韓国や日本では、教育の一環として、学校の掃除は生徒にやらせる、といった当たり前のことを教授は紹介していたが、ブラジルでは、これが当たり前ではない。なぜなら、掃除をする専門の職員がいるからだ。なるほど、小学校での掃除も「自立心を育てる」という教育の一環として役に立っていたんだネ、と妙に感心したものである。

話はそれるけど、スーパー・マーケットの冷凍食品コーナーに行くと、フタが全開になった冷凍庫が置いてあるのをよく見かける。フタを空けて、商品を取り出してから、フタを閉めない人が多いからだ。自分は、そういうの許せない性質なので、別に自分にとって何のトクになるわけでもないけど、いちいちフタを閉めてしまう。だって、中の商品が溶けちゃうし、電気代はもったいないし、いいことないじゃないですか!? こういう時に、「ああ、オレって日本人だネ」と実感するのである。

スーパー・マーケットがらみで、もう一つ。日本でも、レジ前にはガムとか、ちょっとしたお菓子とか置いてあるけど、それはブラジルも同じ。でも、ガムの隣に、牛ひき肉、冷凍ピザ、りんごが置いてあるのは日本ではちょっと見かけない。だって、そういうのはお会計前に「ついでに買おう」という代物ではないですよね!? まあ、それは、ブラジルでも同じなんだけど、要は、客がレジに並んでいる間に気が変わって要らなくなった品物を、そのままガムの棚に置いてしまうんですね。……百歩譲って、りんごは許そう。 だけど、「頼むから冷凍ピザは戻してくれ!」と切にお願いしたい。 溶けちゃうじゃん。

ブラジルで通いつけのスポーツジムに行った時、私はたいてい便所で小便をするのだが、10回のうち8回くらいは、便器の水が黄色い…。もちろん、それは前に使った人が流さなかったからなんだけど、ブラジルにはそういう輩が異常に多い。大人なんだから、小便くらい流そうぜ、と言いたい。こういうところにもブラジル人の無責任さがにじみ出ている。
この間、日本に一時帰国したあと、3週間ぶりにブラジルに帰ってきて、レシーフェ空港のトイレに入った時、久しぶりに便器の水が黄色いのを見た。「おかえり」って言われている気がして妙に嬉しくなった。「あっ、オレ、ブラジルに帰ってきたんだ。」って。

日本に帰国した時も、日本のスポーツジムへ行ったけど、そこにはブラジルのスポーツジムでは見られない光景があった。それは、トレーニング終了後に、備え付けのタオルで器具に付いた汗をふき取るという行為。これから、自分が使うなら、まだしも、次に使う人のために、そういう気遣いを自然にできるように日本人は育てられているのだ。一方で、ブラジルはどうかと言うと、使ったダンベルやマットは出しっぱなしなのが当たり前で、器具を使った後は汗を拭きとって下さいといっても理解してもらえないに違いない。

MBAからかなり脱線したけど、日本人が当たり前にやっていることが、ブラジルでは全然当たり前ではないということを感じて頂けたであろうか。

授業では、ブラジル人の無責任さについて、議論が百出し、韓国人や日本人に見習わなきゃね的な結論でその日は終わった。それで、授業が終わったあとの教室が面白かった。クラスメートは授業中にお菓子や飴を食べていたのだが、その包み紙やコーヒーのカップがそこらじゅうに放置され、椅子は自由奔放な方角を向いていた。私もお菓子をもらって食べたのだが、もちろん、包み紙を持ち帰って、ゴミ箱に捨てたし、椅子はちゃんと元の位置に戻した。「キミたち、今日の授業でいったい何を学んだのカネ」と言ってあげたいが、そういうところがブラジル人の愛嬌のあるところである。

まあ、ブラジル人は他人にたいして底抜けに親切な人が多いし、陽気だし、細かいところをうるさく言ったりしないという寛容さもあるしと、日本人に不足しがちな美徳を備えているから、総合的にみると帳尻があっているというのが、私のブラジル人の理解である。日本人から見ると、奇想天外な行動をとることの多いブラジル人だけど、それでも、ブラジルに住む日本人の多くがブラジルを好きになるのは、そういうところで帳尻が取れているからなんだろう。

こんなことを書くと頭がおかしいかと思われるかもしれないけど、便所の水が黄色かったり、ゴミを散らかしたりするブラジル人の無責任さを見ていると、何とも言えない愛おしさがこみあげてくる。母性本能をくすぐられる感じ。やっぱ、頭おかしくなったのかな。
スポンサーサイト
プロフィール

shingo

Author:shingo
ブラジル、ペルナンブッコ州在住、
三十路男のブログです。

人気ページランキング
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。