スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上に遅かった、でも届いた。日本からブラジルへの航空便

2014年6月14日、レシフェで開催されるサッカー・W杯の
日本対コートジボワール戦のチケットをゲットした。
せっかくの機会なので、ミーハーにも日本代表ユニフォームを着て応援したいと思い、
母親にお願いして日本からブラジルに送ってもらうことにした。

日本(東京)からブラジルに荷物を送った場合の送料を郵便局のホームページで
調べたところ、以下のような結果が出た。

1キロ
EMS 3800円 4日
航空便 2450円 9日
SAL便1280円 3週間

2キロ
EMS 7000円 4日
航空便 3650円 9日
SAL便2480円 3週間

2.5キロ
EMS 8500円 4日
航空便 8800円 9日
SAL便6600円 3週間

4キロ
EMS 13000円 4日
航空便 13000円 9日
SAL便8200円 3週間

この調査の結果からキロ当たりコストを計算すると、航空便で送る場合、どうやら、2キロ送るのが最も単価が安くなるようだ。2キロを超えると、航空便の値段は2倍以上に増えるし、2キロ未満だと、基本料の負担が高くなる。

EMSと比べた場合の差は5日しかないので、
断然お得な航空便で送ってもらうことにした。
ユニフォームの他に、日本食材も色々と詰めてもらった。

さすがに9日で手許に届くとは期待していなかったが、1ヶ月以内には届くだろうと待っていた。
というのも、前回、SAL便で引越し荷物を送った時はちゃんと3週間で届いたからだ。
(SAL便による引越しの記事)
しかし、発送から1ヶ月が経過するも、荷物は届かず…。
なんで、SAL便が3週間で届いて、航空便が1ヶ月以上かかるんだ?
さらに、およそ2ヵ月経過しても荷物は届かず。
もしかして、どこかで盗まれたかな?と半分諦めかけたが、
60日掛かって無事に届いた。

諦めかけていただけに、無事に届いた時の喜びは格別のものである。
おそらく、ブラジルには1週間くらいで届いていたのだろうけど、
サンパウロあたりで2ヵ月間放置されていたのではないかと推測する。
日本の本社から毎月EMSで送られる給料明細などは2週間以内で
ちゃんと手許に届いているので、EMSで送った場合は、もっと
早く届くのかもしれない。

日本のように、インターネットで朝注文したら、その日の夕方に
荷物が届くというのは、ブラジルでは奇跡に近い。
従って、インターネット通販を利用する場合、忘れたことに届くことを
覚悟して注文することになる。
これにより、ネットで衝動買いするのを抑制できるので。
無駄遣いしなくなるのは良いことかもしれない…。
DSCN4573.jpg


DSCN4575.jpg






スポンサーサイト

テーマ : ブラジル
ジャンル : 海外情報

レシフェの大手スーパー、衛生局より3日間の業務停止命令を受ける

ブラジルでは、スーパーのレジ前にある商品陳列棚に、
レジ待ちの客が買うのをやめて元に戻さなかった
商品が陳列(?)されているのをよく見かける。

ガムの陳列棚にパパイヤが置いてあるのはまだ良い方で、
冷凍ピザ、氷などの冷凍モノが常温エリアに放置されているのも見かけたことがある。

基本的なしつけがなされていない人も居るので、
冷凍庫のトビラを開けた後に閉めずに放置していく輩をしばしば目にする。

これでは、商品が外気で解凍されてしまう。
店員もあまり気にしていないようで、閉めようとしない。

トビラが半開きになっているのをみると、日本人の性分からか、
トビラを端から閉めて行きたい衝動に駆られ、実際にそうする。

まったく、無責任な奴もいるものだ。ブラジルのスーパーも大変だなー、と思っていたところ
実は、消費者よりもっと無責任なのはスーパーだったというのが分かった…。

3月末に、レシフェの某大手フランス系スーパーC社が衛生局より3日間の業務停止命令を受けたという。
主な理由は、冷凍食品の温度管理が適切でなかったことだ。

調査によると、電気代削減の為、夜中は冷凍庫の電気を切っていたというのだ。
レシフェは、熱帯地域に位置しており、冷凍庫の電源を切ったりしたら当然のように
かなり解凍が進んでしまう。

営業開始前には冷凍庫の電源を入れるのだろうが、
凍結・解凍を繰り返すとあっという間に食品の品質が劣化するというのを
頭から無視したスーパーの方針である。


しかも、調査を進めるうちに、C社だけではなく、
最大手のG社等でも同様のことが行われていたということが
芋づる式に判明した。


電気を大切にするC社の責任者には、
「ご自宅でも寝るときに冷蔵庫の電源を切っているのですか?」
という、いやらしい質問をしてみたい…

テーマ : ブラジル
ジャンル : 海外情報

親指と小指

レシフェの町中を車で走っていた時のこと、
信号待ちをしている時に、右側に停車した軽自動車から、
ヒゲをはやし、濃いサングラスをかけた、いかつい体格の男が窓から腕を出し、
険しい表情で、なにやらこちらに怒鳴りつけてくる。

ガラス越しなので、何を言っているのか良く分からなかったのだが、
男は握りこぶしの親指を下に向けて、攻撃的なジェスチャーをしてくる。
ものすごく挑発的だ…。
喧嘩を売られる覚えはなかったので、しばらく無視していたのだが、
男は執拗に訴えてくる。

後でわかったのだが、男は喧嘩を売っていたのではなくて、
車の右後部のタイヤの空気が抜けていると教えてくれていたのであった。
誤解も解けて、彼に感謝の意を示すと、今度は笑顔になり、
無言で親指を上に向けて去って行った。

―――

会社の同僚と量り売りレストランへ昼食に行った時のこと、
同僚の女性職員が、大きな身体に似合わず、
お皿に盛った量が少なかったので、理由を尋ねると、
彼女は「このためよ」、と言いながらピッと小指を突き立た。

最初は恋人ゲットのためかと思ったのだが、話を聞くうちに、
ブラジルで小指を立てるジェスチャーは、恋人ではなく、
マグリーニャ(痩せている人)を意味することということが分かった。

しかし、彼女は昼めしを減らした分、
おやつに大好きなチョコレートをせっせと食べてバランスを取っている(?)こともあって、
むしろ会うたびに一回り大きくなっているような気がする…

テーマ : ブラジル
ジャンル : 海外情報

プロフィール

shingo

Author:shingo
ブラジル、ペルナンブッコ州在住、
三十路男のブログです。

人気ページランキング
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。