スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルの床屋事情

ブラジルに移住して、2ヵ月くらいの時、
散髪のために、近所の床屋に出かけた。

床屋に入ると、白髪で口ひげを生やした愛想の悪いオッサンがいた。

当時は言葉もままならなかったので、スマホで自分の写真を見せて、
こんな風にしてくれと、頼んだ。
オッサンは写真を見ると、まかせとけと言わんばかりに無言でうなずいた。

すると、ひげのオッサンは、ダイナミックに前髪を一回で一刀両断した。
ワイルドすぎる!と思っていると、
もみあげには何故か異様なこだわりを見せ、丁寧に、長方形に仕立て上げる。
細長い焼き海苔のようなモミアゲが完成した。
襟足も、定規で引いたような一直線にされ、カリアゲにされた。
LEGOの人形みたいな髪型だ。
結局、前髪は最初の一刀両断から触れられることなく、そのまま。
前髪だけ異様に長い、角刈りにされてしまった。
和田アキコ風の髪型とも言える。

終わった後、家に帰り、バリカンとスキばさみを使って自分で切った。
最初から坊主にしてくれと言った方がマシだったかもしれない。

インドネシアで切っていた時は、ここまでヒドクなかったが、
そこは、アジア系とラテン系の髪質の違いだろうか。

ペトロリーナという田舎だから、ダメなんだ。
都会に出れば、もう少しマシかもしれない。
…と思い、レシフェに出張した時に、床屋に行くことにした。
前回は、男専用の床屋でむさくるしい雰囲気であったが、
今回は、女性も多いサロンなので、ここなら大丈夫だろう。

私の担当は店のオーナーで、
髪型もツーブロックにした30代後半くらいの男性だった。
前回の、ひげのオッサンよりも、ファッショナブルな感じで心強い。

ツーブロックの兄貴は愛想も良く、髪を切りながら色々と話をしてくる。
「俺はシネース(中国人)の髪をゴマンと切った経験があるから
アジア人のヘアーカットは俺にまかせろ。」

おおお、心強いぞ!ツーブロク兄貴!
ひげのオッサンよりも1枚も2枚もウワテではないか。
今回も、前回と同じく日本で切った時の自分の写真を見せて、
こういう風にしてくれと頼んだ。


…結果はというと、ちょっと整っていない髪型の和田アキコにされた…。
前回よりは、少しマシだったけど、どうしても和田アキコにされてしまう。

というわけで、最近10ヶ月ほどは、床屋に行かず
自分で髪を切っていたためか、変てこな髪型になっていた。

この間、サンパウロへ行った時に、TAMPOPOという日本人経営のサロンで
日本人男性に髪を切ってもらったところ、久しぶりに至極まともな髪型になった。
日本の美容師さんってスゴイなあと関心した次第である。

値段は5000円くらいで、ペトロリーナのサロンの1000円よりも高いけど、
払う価値のある(Vale a pena)な体験であった。
スポンサーサイト
プロフィール

shingo

Author:shingo
ブラジル、ペルナンブッコ州在住、
三十路男のブログです。

人気ページランキング
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。