スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルに人種差別は存在するか。

サッカー選手のダニエル・アウビスが、スペインでの試合の際に場内に投げられた
バナナを食べることで、人種差別にNoといった話は、ブラジルで大きな話題となった。

ブラジルは、南米の他の国と異なり、インディオ、白人、黒人の混血が進んでおり、
人種差別は少ないと何かの本で読んだことがある。

とはいえ、田舎に住んでいると、少なからず人種差別主義者に出くわすことがある。
私は、現在ブラジル北東部のレシフェにて、ブラジル人ばかりに囲まれてMBAを勉強している。
MBAというと、比較的教育水準の高い生徒が集まるものだと思うが、
そうではない場合もある。

私が通っているビジネススクールには、マウリシオというアメリカのコーネル大学
を卒業したという教授が居る。
彼は、ビジネススクールの教授だけでなく、コンサル会社のオーナーであり、
グローバルに活躍しており、中国などでも仕事で何度も言ったことがあるという。
それだけの経歴があれば、国際人としての素養を身に着けていて然るべきかと思うのだが、
残念ながら、とんでもない食わせ者であった。

彼の最初の授業の時に、私は日本人だという自己紹介をした。
そして、2回目の授業のある日に、廊下で彼とすれ違った時、
「あ、マウリシオ先生、こんにちは」と声を掛けると、
「よっ、シーナ!(中国)」と返してきた。

これには一瞬、相手が何を言っているのか理解ができなかったものである。
道端で「やーい、中国人!」と子供に言われることは大目にみることはできる。

しかし、かりにもアメリカでMBAも勉強した知識人でしょう?いきなり、「よっ、中国!」はないだと、
後々で怒りが込み上げてきたが、怒るタイミングを失ってしまった。

それだけなら、まだしも、マウリシオは、
授業中も、私に向かって、「ここにいる中国(シーナ)が、なんちゃらかんちゃら…」
と私をダシにクラスの笑いを取ろうとする。

頭に来たので、無視していると、
「何が起きているか分からないみたいだね(ポルトガル語が分かっていないのね)」
と言ってくる始末。

確かに、彼が言った下品なジョークは半分くらいしか意味が分からなかったが、
彼がどれだけ教育水準が低いかと言うことは分かった。
でも、その時は頭に血が上って、言い返すこともできなかった。

授業の後も、彼の無礼な態度で嫌な気分をひきずり、
ブラジル人が本当に嫌いになりそうになった。

時は夜中の10時。帰りのタクシーを拾おうとしたが、そういう時に限って
全然タクシーがつかまらない。

本当に今日は、ツイてないなーとため息をついて居ると、
隣にいたオバチャンが、大げさな身振りをしながら「タクシー!!」と
叫んだと思うと、いとも簡単にタクシーを捕まえてしまった。

「くそー、こちとら、10分も捕まえられずにいるのに…」と心の中で
ボヤいていると、そのオバチャンが、こちらに手招きして、
「これに乗りなさい」と言ってくれたのだ。

そう、オバチャンはタクシーを拾えないでいる見ず知らずの私のために
タクシーをとめてくれたのだ。
心が折れていた時だけに、その優しさが身に染みた。
捨てる神あれば拾う神ありとはこのことだ。

二週間後、再びMBAの授業のある日になった。

イタリア系移民のホッシーニと言う太った男がクラスメイトに居るのだが、
彼が、教室に入るなり、「おう、元気?シンギリンギ(※)?」と言ってきた。

※シンギリンギとは、「中国製の製品(価格は安いが、品質の悪いもの)」という意味。

おそらく、私の名前(シンゴ)とかけているのだろうが、
正直、物凄く不愉快である。

ホッシーニは余りにもさり気なく、シンギリンギと呼んできたので
「なにが、シンギリンギじゃ、このボケ!」と返す余裕もなく、
その場は特に何も言わずに終わってしまった。

その日は、新しい教授が授業をする日であり、いつものように
生徒がそれぞれ自己紹介をすることになった。
良い機会なので、私は次のような自己紹介をした。

「えー、私の名前はシンゴです。ダニエル・アウビスの件で見られるように
ブラジル人は、人種差別には反対しているようですが、どうやら実態は複雑で、
このクラスには私のことを、中国、中国人、シンギリンギと呼ぶ輩がいるのです。
しかし、私は日本で生まれ育ち、両親ともに日本人です。ちなみに、ブラジルに住んで2年弱です。」

一瞬、クラスが静まり返った。
「Você está bravo não é?(きみ、怒ってるのかい?)」とクラスメートが聞いてきた。
「ああ、そうさ、頭に来てるね」
と返したが、彼は、何で私がそんなに怒っているのか良くわかっていないみたいであった。

まあ、これだけ言っておけば、今後、私に向かってシンギリンギと呼んでくる輩も
いないだろうと溜飲を下げたのであった。

外国人と話したことがない者も多いので、デリカシーの無さは
大目に見てやるか、と思って、学校から帰る途中に海岸沿いを歩いていると、
自転車に乗ったオヤジが通り過ぎさま、クルッとこちらをみて、「ニーハオ」と言ってきた。

あ~、低能なオヤジだな~と心の中で蔑みつつ
とりあえず、眼を付けておいた。
ホントにブラジルの田舎に住むのは、たまに疲れるときがある。

ところで、ブラジル人は、日本人を見ると、「Japa(ジャッパ)」と言って来る。
それも、悪口ではなく、本人に面と向かって呼んでくる。
このジャッパというのは、言うまでもなく英語の「Jap」のポルトガル語版である。

ブラジル人は、「Jap」が戦時中に日本人を軽蔑するために
使用されていたといことを知らないで使っていると思われる。
というのも、仲良くなったブラジル人も親しみを込めて「ジャッパ」と呼んでくるからだ。

初めてジャッパと呼ばれた時は、驚きで舌を噛みそうになったものである。

来日したアメリカ人に対して、日本人が「鬼畜」とか「アメ公」とか
呼びかけているのを想像してみてください。

でも、最近は、もう慣れてしまったので、ジャッパと呼ばれても気にならなくなってしまった。
ブラジル人も悪意があって使っているわけではないようだし。


ところで、ブラジルでは、身体的特徴をあだ名にすることが珍しくない。
ブラジルに来て間もないころ、ブラジル人が友人を紹介するときに
「こいつはゴルジっていうんだ。」
と教えてくれたので、私も彼のことを「ゴルジ」と呼んでいた。
あとで分かったのだが、それはニックネームで、「デブ」という意味だったのだ。

他にも、禿げ頭、おかま野郎、やせっぽなど、というニックネームを聞いたことがある。
ブラジル人は、これらのニックネームを陰口ではなく、
本人に面と向かって呼びかける。
(ただし、仲が良いもの通しの間だけである)

まとまりのない文章になってしまったが、結論として、
ブラジルでも、少なからず、人種差別の雰囲気はあるようである。
それでも、それを補ってあまりあるほど、良い思いをすることもあるので、
総合的にみると、私はブラジルが大好きだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こんにちは。
コメントありがとうございます。
まさか、ブラジル出身の方に読んで頂けるとは想像だにしておりませんでした。

ブラジルで体験したほんの一面を書きましたが、
全体的には私はブラジルが大好きです。
ブラジル人の素晴らしい友人に恵まれて幸せです。

お知り合いの日系人が、「シーナ」と呼び合っていたのは、
お互いに友情が確立されているのだと思います。
(私の知り合いの日系人は、友人のことをビアード(鹿)と呼んでいたので(笑))

ただ、日本生まれの日本人だったら、仲良くなっても絶対にシーナと
呼んだりはしないと思います。

「お前は中国人か?日本人か?」と聞かれるのは全然問題ないのですが、
「おい、中国人」といきなり決めつけられると、腹が立ってしまいます。
別に中国人に対して、悪い感情は持っていないのですが、
日本人のあまりいないところで、頑張って生きていると、
「俺は日本人だ!」という意識が強くなります。

レシフェでは、アジア人が珍しいからか、
町を歩いていると、人々の興味津々な視線に疲れてしまいます。
もう、大分慣れましたが…。
自分の知っている都会では、あまりこういうことがないので、
あえて、”田舎”と書かせていただきました。

ブラジル出身の方の感想をいただき、大変参考になりました。
ありがとうございます。

No title

シンゴさん、初めまして。
私はESのVILA VELHAに住んでいる東京からの移民です(笑)。最初は東京と行ったり来たりの生活であまりブラジルを理解できずいましたが、最近は生活基盤ができて住んでみると、静かな人種差別が根付いていることに気がつき、本当に驚いています。この件を検索していてシンゴさんのブログがでてきたので、あまりに共感してメール致しました。
私は子供の頃から海外に住むことが多く、差別的な行為は少し経験してきましたが、でもブラジルほど身にしみて感じることは実は初めてです。私の住んでいるESは非常に田舎ですし白人地域ですので、インターナショナルな人はほとんど皆無です。海外に行くブラジル人は増えているのですが、知識、教養の高いブラジル人は本当に少ないと感じています。ブラジル人が嫌いになりすぎてポルトガル語を聞くのもムカつくのですが、でもこれを乗り越えれば慣れていくのだと感じています。シンゴさんはまだブラジル在住ですか? 以前は中国人には間違えられませんでしたが、いまはどこにいても中国人になってしまいます。日本企業もどんどん頑張って欲しいですよね。同じ日本人、サムライ道&なでしこ道で美しい日本人をブラジル人に知ってもらえるように頑張りたいですね!

Re: No title

クサマユキカさん

コメントありがとうございます!ES州から読んでいただきありがとうございます。ES州は行ったことがないのですが、白人地域なんですね。日系人社会もあるのでしょうか。色々な国に住む経験をされていて、ブラジルでより差別的な経験が多いというのは意外でした。ブラジル人は、思ったことをパッと口にしてしまう傾向があるからなのかもしれませんね。
ぼくはペルナンブーコ州Petrolinaという田舎に住んでおりますが、ここには日系人組合もあるので、あまり嫌な思いをしたことがないです。当地では日系人は尊敬されているように感じます。南よりも混血度が高いということもあって、人種差別はあまり感じておりません。
最近は、新しくブラジル人と交流する機会が減ってしまったので、コンフォートゾーンに入ってしまったのかもしれません。ブラジル人のペースに合わせるのは疲れますが、色々と学べますし、心を成長させることもできたなと思います。
いまだにブラジル在住です!今年でブラジル生活もやっと四年目になりました。ブログも違う場所で細々と続けております。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

shingo

Author:shingo
ブラジル、ペルナンブッコ州在住、
三十路男のブログです。

人気ページランキング
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。